京都内視鏡かんだクリニック_内視鏡システム.jpg

胃内視鏡検査でわかる病気

胃の疾患

ヘリコバクター・ピロリ菌感染

ピロリ菌は、正式には「ヘリコバクター・ピロリ」といい、胃の粘膜に住みついている細菌といわれています。ピロリ菌は、胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの病気に関わっていることがわかっています。そのため、除菌治療を行うことによって、胃炎の進行など胃の病気の予防につながると考えられています。

表層性胃炎

胃の表面を守るはたらきの低下や胃酸過多などによって、粘膜表面に炎症が起こっている状態です。ストレスや薬剤、暴飲暴食などが原因といわれています。胃酸過多に対する治療と生活習慣の改善も必要とされます。

萎縮性胃炎

表層性胃炎が長年にわたって続いた場合に萎縮性胃炎になると考えられています。ピロリ菌感染によって炎症が長期間に及び、胃粘膜が薄くなり老化して萎縮することが知られ、胃がんが発生するリスクが高まるとされています。萎縮が進行した場合、胃の粘膜が腸の粘膜のようにたくさんのヒダ状になり、ピロリ菌も生息できなくなることがあります。その状態でピロリ菌検査を行っても陰性となりますが、胃がんは高リスクとされています。ピロリ菌検査によりピロリ菌の有無を調べ、陽性の場合には除菌治療を行い、定期的に内視鏡検査を行って胃がんの合併などがないかなど、経過観察が必要とされます。

鳥肌胃炎

胃の中に鳥肌のような細かい点々ができることが病名の由来とされます。スキルス胃がんやピロリ菌感染との関係が示唆されているなど、胃がんの発症リスクが高い胃炎として知られています。胃に不快感を覚えるなどの症状がみられることがあり、若年層では女性に多いとされています。ピロリ菌検査を行い、陽性の場合には除菌治療を受けるなど、定期的な内視鏡検査が必要とされます。

胃潰瘍

胃の粘膜や胃壁が傷ついている状態で、みぞおちから左の脇腹の鈍い痛みがみられることがあります。悪化した場合、胃に穴が開く、または多量出血する恐れもあります。鎮痛剤やピロリ菌感染、喫煙やストレスなどが原因といわれています。ピロリ菌感染の場合、除菌治療を行うことにより胃潰瘍の治療と再発防止につながると考えられます。胃に出血がない場合には、薬物治療を行うと考えられています。また狭心症や心筋梗塞などを予防する薬には胃潰瘍の原因となり得るものもあるため、薬を飲む必要がある場合には胃薬と同時に飲むことが必要とされます。

出血性胃潰瘍

胃潰瘍を放置して治療しなかった場合、吐血や下血などの出血、穿孔(せんこう)など胃に穴が開くなどの可能性があります。緊急処置が必要とされます。

早期胃がん

胃の粘膜の表面から発生する病気です。胃がんは進行に伴い、粘膜下層、筋層、漿膜(しょうまく)下層に及ぶとされます。がんが、どの程度の深さまで達しているかを深達度と呼び、T1~T4の4段階に分けられます。T1は腫瘍が粘膜層または粘膜下層まで及んでいる場合とされ、早期胃がんと呼ばれています。中でも粘膜表面にある場合は内視鏡による治療が可能とされています。早期胃がんは無症状の場合が多く、検診で見つかることがほとんどとされています。進行した場合でも、無症状または軽度の胃炎のような症状であるため、定期的な内視鏡検査で早期に発見することが大切です。

進行胃がん

胃がんが進行した場合、粘膜表面から奥深くまで症状が進み、リンパ節や肝臓などへ転移することが知られています。進行胃がんの場合、内視鏡では治療ができないため、抗がん剤や外科手術が行われることがあります。

スキルス胃がん

さまざまなタイプがある胃がんの中でも、潰瘍やその周辺の盛り上がりがみられず、胃の粘膜の下に広範囲わたって広がるものをスキルス胃がんといいます。腹膜への転移を起こしやすく、進行が早いことが特徴とされます。30~50歳の女性に多く、ほとんどは無症状であるため、早期発見が難しいといわれています。定期的な検診と、ピロリ菌をもっている場合は除菌治療を受けることが望ましく、抗がん剤により腹膜の転移を抑えることが重要とされています。

胃悪性リンパ腫

MALTリンパ腫とB細胞性リンパ腫があり、リンパ球が異常に増殖した状態とされます。リンパ腫が大きくなった場合、嘔吐や吐血などの症状がみられることがあります。MALTリンパ腫の場合はピロリ菌への感染頻度が高く、約50~100%とされ、ほかの臓器への転移がみられない場合には除菌治療により腫瘍が縮小し、通常の大きさに戻るといわれています。B細胞性リンパ腫は明確な原因はわかっていませんが、免疫の異常が関与していると考えられています。

胃粘膜下腫瘍

粘膜から発生したがんを悪性腫瘍と呼ぶのに対し、粘膜より下層からできた腫瘍のことをいい、内視鏡検査では粘膜がコブのように盛り上がっているように見えるのが特徴とされます。ほとんどは無症状とされ、検診などで発見されることが多いといわれています。小さいものは経過観察を行い、大きいものや形によっては悪性腫瘍の場合があるため、抗がん剤治療や外科治療が必要とされます。

胃腺腫

胃ポリープの一種で、胃の粘膜に発生する良性腫瘍です。自覚症状はなく、検診などで発見されることが多いとされています。胃腺腫の場合、数年後にがんとなる可能性があるため、定期的に観察することが必要とされます。大きさや形態などにより、がんであるリスクが高い場合には内視鏡による治療を行うこともあります。

胃底腺ポリープ

ピロリ菌に感染していない胃にできる傾向にあり、女性ホルモンと関係があるといわれています。良性の腫瘍のため、治療は必要ないとされますが、定期的な経過観察が大切です。

胃アニサキス症

アジ、サバ、イカ、カツオ、サケなどの寄生虫の一種であるアニサキスを生で食べることによって感染し、発症するといわれています。胃アニサキス症は、魚を冷凍や加熱することで予防できるとされています。アニサキスは人間の体の中では生き続けられませんが、感染した場合には胃に激痛や吐き気、嘔吐などがみられることがあります。一般的には内視鏡による治療でアニサキスを除去するといわれています。

胃静脈瘤

肝臓の炎症により、肝硬変になった場合にできる病気です。肝硬変になると肝臓が萎縮や硬化することで血液が肝臓へ流入しにくくなるため、流れなかった血液が胃に流れ込み、静脈瘤ができると考えられています。基本的に症状がない状態で進行するとされ、静脈瘤が大きくなり破裂した場合、吐血し、命に関わるため、早期発見と治療が重要と考えられています。薬物治療や外科手術などによる治療はありますが、一般的には内視鏡による治療が行われます。

胃憩室

胃の筋層が弱い胃の入り口と出口に発生する傾向にあり、胃の内壁の一部が外側へ袋状に飛び出ている状態です。ほとんどは無症状とされますが、食欲不振や吐き気などがみられることがあります。良性のため治療は不要とされますが、まれに出血などがみられることがあります。

食道の疾患

逆流性食道炎

食道に胃酸が逆流することにより発症する病気です。胃には粘膜を胃酸から守るはたらきがありますが、食道にはその機能がないため、胃液によって食道に炎症を引き起こすと考えられます。喉の違和感、胸やけ、むかつき、胃もたれ、めまい、耳鳴りなどさまざまな症状がみられることが特徴で、重症の場合は食道が狭くなり、食べ物を食べられなくなることもあります。原因として加齢や肥満などが考えられるため、生活習慣の改善が求められます。治療は胃酸の分泌を抑制する薬を服用し、食道の炎症を鎮めるとされています。

バレット食道

食道の粘膜は扁平上皮という粘膜で覆われ、胃や腸は円柱上皮で覆われているといわれています。バレット食道は、逆流性食道炎などにより炎症を起こした扁平上皮が、胃と同じ円柱上皮に置換されている状態をいい、胸の痛みや胸やけの症状がみられることがあります。薬物治療は胃酸分泌を抑えることを目的としますが、バレット食道がなくなることはないと考えられています。食道がんになるリスクが高いとされるため、内視鏡による定期的な検査が必要とされます。

食道がん

食道がんは粘膜の表面からでき、食道に複数みられることがあります。食道の粘膜内にできるもの早期食道がん、粘膜下層までの場合を表在食道がん、より深くまで及んでいるがんを進行食道がんといいます。初期にはほとんど症状がないとされますが、進行した場合は胸の違和感、体重減少、背中や胸の痛みなどがみられることがあります。アルコール摂取や喫煙が原因とされ、外科的手術が難しい病気としても知られています。胃や大腸にある最も外側の漿膜(しょうまく)と呼ばれる膜が食道にはないため、他の臓器やリンパ節への転移が起こりやすいと考えられています。早期の食道がんの場合は内視鏡治療をすることも可能とされます。食道や咽頭も詳しく調べられるため、内視鏡による定期的な検査がおすすめです。

食道粘膜下腫瘍

食道や喉の入り口である咽頭にできる良性の腫瘍のことです。食道炎に関係しているとされ年齢問わず幅広い年代で発症するとされています。小さな白い隆起がみられ、胃酸の逆流によって起こると考えられ、基本的には内視鏡による経過観察を行うといわれています。

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔(れっこう)とは横隔膜にある食道が通る穴で、食道裂孔から胃の一部が飛び出て食道の方へ入ってしまっている状態です。食道裂孔ヘルニアを発症した場合、胃酸の逆流が起こりやすくなるといわれています。腹部の締めすぎ、食べ過ぎ、肥満などが原因として挙げられ、治療の基本は生活習慣の改善とされます。

食道異物

食道異物は、食道の入り口、中央、出口の狭くなっている部分で起きやすいと考えられています。小児ではボタン電池やコイン、小さなおもちゃ、成人の場合は魚の骨などが食道に入り込むことが原因とされます。放置した場合には食道や腸に穴が開く可能性があります。電池は中の液が漏れ出ることにより炎症を起こし、組織に穴を開けるリスクもあります。可能な限り早めに病院を受診し、異物を取り除くことが必要とされます。

食道静脈瘤

食道異物は、食道の入り口、中央、出口の狭くなっている部分で起きやすいと考えられています。小児ではボタン電池やコイン、小さなおもちゃ、成人の場合は魚の骨などが食道に入り込むことが原因とされます。放置した場合には食道や腸に穴が開く可能性があります。電池は中の液が漏れ出ることにより炎症を起こし、組織に穴を開けるリスクもあります。可能な限り早めに病院を受診し、異物を取り除くことが必要とされます。

十二指腸の疾患

十二指腸潰瘍

胃潰瘍と同じく、十二指腸の粘膜が傷ついて潰瘍となり、腹痛や胃もたれなどの症状がみられるとされます。胃にピロリ菌などが感染した場合に胃酸過多となり、胃酸が十二指腸へ入り込むことによって発症するといわれています。放置した場合、穴が開く、多量出血となることがあり、治療が必要とされます。胃酸分泌を抑えるための薬を服用するほか、ピロリ菌感染が多いため、ピロリ菌感染の有無を調べ、陽性の場合には除菌治療を行うと考えられます。

十二指腸がん

小腸は、十二指腸、空腸、回腸にわけられ、十二指腸は胃につながっている部分とされます。十二指腸は胃よりも奥にあるため、内視鏡検査で奥の方まで検査を行わないと発見しにくいとされます。発生頻度は胃がんや大腸がんよりもまれで、粘膜内にできた早期の十二指腸がんの場合はほとんど自覚症状がないといわれています。早期の場合は内視鏡による治療が行われますが、進行した場合には外科手術が必要とされます。

十二指腸腫瘍

比較的まれにみられる消化管腫瘍のひとつとして知られ、内視鏡検査の普及により発見の数が増加しているといわれています。良性の腫瘍である線腫がんから、がんのような悪性腫瘍のこともあります。早期の場合には内視鏡での治療が可能なこともありますが、広範囲に及ぶ腺腫や早期がんや進行した場合には手術が必要とされます。