top of page
京都内視鏡かんだクリニック_内視鏡システム.jpg

お知らせ&コラム

当院の施設基準について


明細書について(明細書発行体制加算)
  • 当院では、医療の透明化や患者への情報提供を積極的に推進していく観点から、領収証の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行いたします。

  • 明細書には、使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されるものですので、その点、御理解いただき、ご家族の方が代理で会計を行う場合のその代理の方への発行も含めて、明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてその旨お申し出下さい。


医薬品の安定供給に資する取組の推進(一般名処方加算・後発医薬品使用体制加算)
  • 薬剤の一般的名称を記載する処方箋を交付する場合には、医薬品の供給状況等を踏まえつつ、一般名処方の趣旨を患者様に十分にご説明いたします。

  • 医薬品の供給が不足等した場合に当院における治療計画等の見直しを行う等、適切に対応する体制を有しています。

  • 後発医薬品の使用に積極的に取り組んでおり、医薬品の供給状況によって投与する薬剤を変更する可能性があります。その際は患者様に十分にご説明いたします。


医療情報の活用(医療DX推進体制整備加算)
  • 当院はオンライン請求を行っております。

  • マイナンバーカードによるオンライン資格確認を行う体制を有しています。

  • 医師が、電子資格確認を利用して取得した診療情報を、診療を行う診察室、又は処置室等において、閲覧又は活用できる体制を有しています。

  • 電子処方箋を発行する体制については、現在準備中です(令和7年3月31日までの経過措置)

  • 電子カルテ情報共有サービスを活用できる体制については、現在準備中です(令和7年9月30日までの経過措置)

  • マイナンバーカードの健康保険証利用の使用について、実績を一定程度有しています。

  • 医療DX推進の体制に関する事項及び質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、及び活用して診療を行います。


生活習慣病管理料Ⅱについて

2024年6月1日から、特定疾患療養管理料の対象疾患から、生活習慣病である、「糖尿病」「脂質異常症」「高血圧」が除外となります。

当院では、「糖尿病」「脂質異常症」「高血圧」が主病の患者様は、厚生労働省の指針に従い、生活習慣に関する総合的な治療管理を行うため、「生活習慣病管理料(Ⅱ)」へ移行いたします。


  • 対象となる患者様:「糖尿病」「脂質異常症」「高血圧」が主病の患者様

  • 患者様の同意を得て治療計画を策定いたします。

댓글


bottom of page