京都で内視鏡検査なら|かんだクリニック

内視鏡専門医による

苦しさと痛みに最大限配慮した内視鏡検査

内視鏡検査を受ける医院選びに困っていませんか?

当院は肉体的・精神的・経済的に負担の少ない内視鏡検査に真剣に取り組んでいます。

細いストライプ

お知らせ

NEWS

書類の記入

新型コロナウイルス感染予防対策について

内視鏡スコープ.jpeg

内視鏡検査の予約方法について

当院について

MESSAGE

内視鏡を、やさしく、わかりやすく

身体が大きな不調を感じ始める前に、身体の中の小さな異変に気付くことで守れる生活、そして命があります。当院は消化器疾患の治療、胃がん・大腸がんなどの早期発見、胃がんの原因となるピロリ菌の検査・除菌を通して地域の皆様の健やかな生活をサポートするため、どなたでも、どんな些細なことでも気軽に相談できるクリニックを目指しております。

医師のご紹介

DOCTOR

%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%86%85%E8%A6%96%E9%

内視鏡検査により

がんで苦しむ人をひとりでも多く減らす。

それが私たちの使命です。

かんだクリニック院長の神田啓太郎と申します。わたしは平成13年に京都大学医学部を卒業後、京都大学医学部附属病院にて内科研修医として1年間臨床に取り組んだ後、日本赤十字社和歌山医療センターで消化器内科を中心に、循環器科、呼吸器科、一般内科における知識や技術を学びました。その後、自分自身の幅を広げることを意図し消化器内科の院生として大学院に進学し、胃がんや大腸がんの研究を行いながら、実際に臨床医として早期胃がんや食道がん、大腸がんなどの内視鏡手術(ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術)を数多く経験してまいりました。当院は内視鏡検査・手術を通して一人でも多くのがんで苦しむ方を減らす役割を担いたいと考えております。日本人の死因で最も多いのが悪性新生物、つまり「がん」です。2019年のがんによる死亡数では男性の2位が胃がん、3位が大腸がん、女性の1位が大腸がん、4位が胃がんです。これらのがんは早期発見や早期治療、また原因の除去などにより数を減らすことができるがんです。検査に対する不安は必ずあると思いますが、私たちはそれを払拭するための努力を惜しみません。分からないことや気になることがあれば医師やスタッフに遠慮なくお聞き下さい。

院長 神田啓太郎

胃内視鏡検査

GASTROSCOPY

胃内視鏡検査(胃カメラ)とは胃痛、胃もたれ、胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎、胸焼け、腹痛、吐き気、食欲不振、貧血など様々な症状に対して、原因となり得る疾患が潜んでいないかを調べるために食道、胃、十二指腸をカメラで直接観察する検査です。過去に胃内視鏡検査を受けられた方の中には「胃カメラは辛くて苦しい」という印象を持たれている方もおられると思いますが、近年の内視鏡技術は格段に進歩しており、医師の技術と工夫次第で全く苦痛がない検査も可能です。当院では「定期的に検査を受けよう」と思っていただけるように、とことん苦痛に配慮した胃内視鏡検査を行っています。

大腸内視鏡検査.jpeg

大腸内視鏡検査

COLONOSCOPY

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)では、血便、便潜血陽性、腹痛、食欲不振、貧血など様々な症状に対して原因となるような疾患が潜んでいないかを調べるために細径電子大腸内視鏡(大腸カメラ)を用いて、回腸末端(小腸の一部)、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸を観察します。この大腸内視鏡検査の最大のメリットは大腸がんの予防になることです。日本人のがんによる死亡数の上位(女性1位・男性3位)である大腸がんの多くは、ポリープ(イボのように盛り上がった病変)からがんになっています。大腸がんになる前の大腸ポリープの段階で発見し取り除くことができれば、大腸がんになるリスクを低減することができます。

ピロリ菌検査

HELICOBACTER PYLORI TEST

ピロリ菌は胃の粘膜に生息し胃の壁を傷つけるらせん形の悪い細菌で、胃十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃がんなどの原因になります。もともと身体に棲む菌ではなく、その多くが幼少期に親族から(食べ物の口移しなどで)感染しています。一度感染すると胃の中に棲み続ける菌で、持続的な胃粘膜の炎症を引き起こし、結果的に胃がんの発生リスクを高めます。平成25年からは胃内視鏡検査を行った上でのピロリ菌除菌は保険診療で行うことができます。

京都内視鏡検査.jpg

当院の内視鏡検査の特徴

FEATURE

京都内視鏡_かんだクリニック (36).JPG

内視鏡・消化器の専門医による検査

当院では胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査を全て内視鏡専門医もしくは消化器病専門医が行います。人間の身体は一人ひとり違うので、全ての患者さんに質の高い検査を受けてもらうためには医師の経験と技術が必要不可欠です。内視鏡カメラの挿入技術だけではなく、早期がんなどの小さな異変にその場で気付ける内視鏡診断能力が重要です。

京都内視鏡_かんだクリニック (65).JPG

苦痛に配慮した内視鏡検査

患者さんの身体的・精神的な負担をできるだけ少なくすることを第一に内視鏡検査を行っています。そのためにまずは検査前に「どのように内視鏡検査が行われるのか」を丁寧に説明しています。検査を理解していただくことで、検査前・検査中の疑問を解消し精神的な不安を軽減できると考えています。その他にも患者さんに合わせた鎮静剤の選択や飲みやすい洗腸液のご用意など、「苦しくなかった。楽だった。」と思っていただけるよう配慮しています。

京都内視鏡_かんだクリニック (72).JPG

先進的な内視鏡機器

内視鏡検査機器としてFUJIFILM 電子内視鏡4450HDシステム【AdvanciaHD】という最新の機器を導入しています。画像の質、機器の性能ともに大学病院や都市の大病院の機器と同等、もしくはそれ以上のものを用意することで質の高い内視鏡検査を実現しています。 お腹にやさしく苦痛の少ない内視鏡用炭酸ガス送気装置や、検査中に病変を識別しやすい分光画像処理機能(FICE)も配備していますので安心して検査を受けていただけます。

内視鏡検査データ

DATA

※2015~2019年

内視鏡検査機器

MEDICAL EQUIPMENT

内視鏡システム Advancia

高度な診断・治療ニーズに応えるフルデジタル電子内視鏡システム「Advancia」の最上位プロセッサー「AdvanciaHD」は,富士フイルムの写真やグラフィックの技術で培った,先進の画像処理機能を結集したフラッグシップモデルです。高画質に加え,診断・治療に有用なさまざまな機能を搭載しています。「AdvanciaHD」は,通常画像から分光画像をリアルタイムに生成する分光画像処理機能「FICE」標準搭載し,さらに通常画像とFICE画像を同時に画面表示できる「デュアルモード機能」を新搭載。また,組織の構造や微妙な色合いの変化などを強調する画像処理機能をさらに強化しました。病変部のさらなる早期発見と診断精度の向上をサポートします。

出典:富士フィルムメディカル

アクセス

ACCESS

当院はJR桂川駅直結、阪急洛西口駅から徒歩5分のイオンモール京都桂川内のメディカルモールにあります。3,000台以上停められる駐車場がありますので車でお越しの方も安心してお越しいただけます。

新着情報

NEWS

内視鏡コラム

COLUMN

スマホアイコン.png

電話予約・問い合わせ

075-925-3311

カレンダーアイコン8.png

WEB予約はこちら